このサイトについて

このサイトについて

このサイトでは中学3年生でうつ病を発症した子供について母親の私から見た実際の体験談を書いています。うつ病になってしまった子供さんやその家族の方に読んでもらうことで、ほんの少しでも心配や不安を取り除けること、子供さんの精神の不調が続いた際には病院に行くという意思決定をしてくださることを願っています。

なぜ体験談を書こうと思ったか

子供がうつ病を発症した当時、私はネット記事や本を読んでうつ病についての情報を必死で集めていました。症状や対処法は知ることができましたが、特に知りたかった、今後どうなっていくかの参考になるような、同じ年頃の子供のうつ病の詳しい経過や体験談は、ずっと探していましたが見つけることはできませんでした。

発症がわかった当時、高校受験が迫ってくる中で子供は以前できたこと(例えば朝普通に起きるなど)ができなくなっていき、私たち家族は今後子供がどうなってしまうのか本当に心配で不安な日々を過ごしてきました。

子供のうつ病の発症率は4パーセントから8パーセントとも言われており決して低い数字ではありません。潜在的なうつ患者は統計に出ませんがその何倍もいるのではないでしょうか。そしてその家族の方はきっと当時の私たちと同じように今後どうなっていくか大変心配されているのではないでしょうか。

私の子供は幸いにもある程度回復し、疲れやすいものの日常の生活を送ることができるようになりました。生きる意欲があり、生きる力が出てきました。

子どもの症状が落ち着いてきたときに、未成年の自殺についてのある報道を見た際に、「これまでの経験がそういった方たちの参考になるのではないだろうか?」と思ったのが、このサイトを作ったきっかけです。当時の私が知りたかった体験談「子供のうつ病の発症当初から回復に向けて」「私なりの回復するための考え方」を発信していきます。

私たちはうつ病に対しての考え方や向き合い方でたくさん失敗をしてきました。それが病気の悪化の原因にもなりました。このサイトの実例を読むことで私たちのような失敗を回避し、回復に向けて少しでも手助けになれば大変嬉しく思います。

※掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでどうぞご了承ください。

文字の色について

文章中の赤字の箇所は後から振り返ってみて良くなかったと思う言動です。青字の箇所は後から振り返ってみて加えた注釈などです。どちらも私の個人的な考えであることをご了承下さい。