中3 54 校長室3度目

中学3年
スポンサーリンク
スポンサーリンク

約束の時間に学校に行くとまた校長室に案内された。3度目の校長室だった。そこにいた先生方も前回と同じだった。保健師の松本さんも来ていた。まるで映画の再上映みたいに思えた。

私は重い雰囲気の中で先生方に促されて病院での診察の様子を話した。話を聞きながら先生方がメモを取っていた。咲が描いた三枚の絵についても先生方はメモをとっていた。(医療についての知識無しに)絵についてメモを取ったとしても何の役に立つのかなと皮肉が頭をかすめた。

でも必要なこと、そうでないことは私の目から見るのと先生方から見るのとでは違うのかもしれない。だからいらないと思うことを勝手に省かないでなるべくそのままの状況を簡潔に伝えるようにした。でも病院の雰囲気や主治医になった二宮医師の印象は話さなかった。

話が終わると、冬休みの私たち両親の休みの日を聞かれた。私が休みの日と夫が休みの日を考えても、咲が日中一人になる日が6日あった。咲の姉の実樹は頭数に入れなかった。いつも部活で日中はいない。(実樹は高校生だがやはり中学生と同じように「部活」にかかる労力が大きくて、私は学校の運動部なんて大嫌いになっていた。)

冬休みの半分ほどの期間をどう乗り切るのか。

母に理由をつけて家にきてもらうことを考えた。でも咲の病気のことは話していなかった。

それに咲は本当に私の母が苦手になっていた。母の早口の声の洪水に耐えられくなっていて、顔を合わせるとすぐ部屋に引っ込むようになっていた。他のことでも病気になる前には我慢できたと思うことが我慢できなくなっていた。心の限界がきていたのだと思う。

私の母もダメ、もちろん実樹もダメだと私が休むしかないのか、(夫はもともと全くあてにならない)と思っていると校長先生が

「よし!何とかするか」と言った。

お父さんかお母さんが休めるのはこの日ですね、と桜井先生が校長先生の言葉を引き取るように言って、校長室の月予定表の黒板に白の丸をつけた。それから白の丸がついていない6日間をピンクで丸をつけた。

「誰か学校のものが対応するので、咲さんはこの日は登校してください。」

校長先生は言った。

「ありがとうございます」

私は頭を下げた。本当にありがたいと思った。(もともと学校の部活が原因だと根に持つ気持ちもあった)

ブログ村バナー ブログランキングバナー
スポンサーリンク
中学3年
シェアする
子供がうつになりました。